ずわいがに

ずわいカニについてご紹介します。山陰からオホーツク海までの日本海に分布している、と言われていますが、太平洋側(銚子以北)にもいて、実は福島県相馬市などでまとまった量が水揚げされています。世界的にはアラスカ、グリーンランド沿岸など北極海、太平洋、大西洋の寒帯の海に広く分布しています。

普段は水深200m~400mの海底にいますが、冬の産卵期になると浅場に移動。成熟するのに8年~10年かかるそうです。オスは脚を広げると80cmにもなりますが、甲羅の幅は15cm程度で、脚の割に頭が小さいという意味でずわいと呼ばれるようになりました。

また脚がキャシャで細いので若い小枝の意味する「ずわえ」と呼ばれ、これがなまってずわいガニになったとも言われているようです。また、メスはオスの半分ほどの大きさで香箱(コウバコ)蟹、またはセイコ蟹と言われます。メスはオスより味が濃く美味しいのですが、残念ながら小さいのであまり食べる所がありません。しかし胴体の中心部にある卵(内子、ウチコ)、甲羅の内側に付いている外子、(ソトコ)と蟹味噌は絶品でしょう。

近縁種の紅ずわいガニは、生の時からきれいな紅色で、ゆでるとさらに赤味が増すのが特徴。ずわいガニより大味ですが、代用としては十分な味のようです。山陰以北の日本海、銚子以北の太平洋岸の深海(水深500~1000m)に生息しているでしょう。

ほかに、マルズワイガニはずわいガニとは別種のオオエンコウガニ科ですが、弾力のある肉質で甘味があって美味しいと評判です。なお、西アフリカ沿岸で採れたものがズワイガニの代用として缶詰になっています。

このページの先頭へ